お風呂に浸かることの利点について。

お風呂でむくみや疲れが消える効果的なお風呂の入り方を説明しています。美容法としても話題の方法です。

むくみや疲れが消えるお風呂の入り方

お風呂に浸かることの利点について。 お風呂は一日の疲れを癒すのに最適な場所ですが、入り方によっては肌がつるつるになったり、むくみや疲れが消えるといった美容効果を期待することができます。そこで、そういった美容効果があるお風呂の入り方を説明していきたいと思います。最初に言っておきたいことは、半身浴などの入浴方法がありますが、確かに美容効果があると思います。ですが、体が疲れてしまうといったデメリットがあるようです。効率の良い美容効果をもたらすお風呂の入り方は、熱いお風呂に入って冷たい水を浴びるという方法です。

詳しく説明すると、お湯の温度はいつも通りで良いです。冷たい水の温度は、冷たすぎず熱すぎずなお湯がベストで、シャワーを使ってください。まず、体を洗って湯船につかります。3から5分お湯につかったら、シャワーの水を体が冷えるまでではなく体温が常温に戻るまでということを意識して浴びてください。それを3回繰り返します。最後に暑い季節なら水を浴びて、寒い季節なら湯船に入って終わるようにします。それだけでかなりの効果があります。

この方法は以前女子アスリートの方が実践している美容法として話題になりました。その結果効果があると話題になり、現在ではモデルの方やグラビアアイドルの方も試している人がいるそうです。


Copyright(c) 2017 お風呂に浸かることの利点について。 All Rights Reserved.